ブログトップ

暖炉に火をくべて

caorena.exblog.jp

音楽、家族のことなどを、時々。

d0306695_00190144.jpg

疲れた。とても。

70分程度の短いライブ。しかも座っていたのに。

スタンディングで120分のライブより、ずっと疲れた。

初めてのスポークンワーズライブ。

受け取るものが多すぎた。

d0306695_00252993.jpg

ヘアスタイルを変えた元春に、初めて会う。

2列目、ど真ん中。

真正面に、スタンドマイク、そして元春。


何かとても神聖なものを観るような気持ちになっていた。


曲は過去にCDで聞いているし、詩は本でも読んでいた。

なのに、CDで聴いているときには無かった感情が湧き上がってくるのが、ライブが始まってすぐにわかった。


「時はハチミツ」

元春がそう言葉を発した時、何かが、スッと体の中に入ってきた。

「キミみたいな無党派のために」

元春が、私のことを指差して、ちょっとニヤリとした気がした。


「国家よ」

元春がそう言葉を発した時、何かが、私の心臓を揺さぶった。

もう離れられない。

2曲目でもう、ああ、今夜ほんとうに来てよかったと思った。

今にも叫び出したい気持ちでいるところに

「どこか不可解な場所にいることを嘆くのではなく、おれとともにいてほしい」

だなんて。

 
泣くなという方が無理(笑)
d0306695_00475272.jpg

 
15年以上も前の詩なのに、確実にの空気をまとい、ストレートに心に響く。
ビートと、音楽と、映像とともに、元春の口から語られることにより、
ものすごく力を持った言葉たちに、揺さぶられ続けた。

 
帰ってからCDを聞き直したが、やはり違う。
スポークンワーズは、ライブでやってこそだ。
強くそう思った。

それはそうと、元春。

このライブ、最初から最後まで、根底に流れる一貫したテーマがあったように思えるんだけど、どうだろう?

いつか言っていたね。

「今の僕らの政府には、欺瞞気取りがある」

あれから数年たつけど、欺瞞と気取りはひどくなる一方。

ここのところ、そんな思いに苛まれていた(他にも色々と苛まれていたけれど)から、そう感じ取っただけかもしれないけど。


いずれにしても、どうもありがとう、元春。

またいつか。

d0306695_00231356.jpg


[PR]
# by caorena | 2017-04-12 00:49 | 音楽 | Comments(0)


なんとか息子をベッドにねじ込み、遅めの時間から配信開始w




プレイリスト

1.フラワーズ・イン・ザ・レイン(伊藤銀次)元春がコーラス担当。ピアノは西本明。

2.風の手のひらの上(佐野元春&THE HOBO KING BAND

3.Hold Out(ジャクソン・ブラウン)

4.SPFGRAPEVINE

5.魔法を信じ続けるかい?(中村一義)

6.紅い月(佐野元春&THE COYOTE BAND

7.エンプティ・ハンズ feat.佐野元春(Mellowhead

8.月と専制君主(佐野元春 with THE HEARTLAND

9.Climax NightYogee New Waves

10.熱き心に(大瀧詠一)

11White Communication~新しい絆~(永井真理子)作詞・作曲佐野元春

12.ニューエイジ(グルーヴァーズ)

13I’m In Blue(佐野元春)

14.ブルーの見解(佐野元春)

15She Goes The SongLove Planets)(ジョン・サイモン)

16.リアルな現実 本気の現実(佐野元春)

17.99ブルース(UnpluggedVer.)(佐野元春)

18Everybody Wants ToRule The World(ティアーズ・フォー・フィアーズ)

19.ビートニクス(佐野元春&THE COYOTEBAND

20.グッドタイムス・バッドタイムス(佐野元春)

21Alone Again(ギルバート・オサリバン)

22.君を探している(朝が来るまで)(佐野元春)

23.この荒れ地の何処かで(佐野元春&THECOYOTE BAND

24.月夜を往け(佐野元春&THEHOBO KING BAND

25Bye Bye Handy Love~ビッグバンドVer.(佐野元春)

聴いてくださった方ありがとうございました!

CM、頭に入るのは仕方ないけど、途中に入るのはほんと腹立つわw


[PR]
# by caorena | 2017-03-06 19:59 | DJ | Comments(0)

久しぶりに回しました。

レコード棚を眺めて思いつくまま。

ミスも何ヶ所か。ごめんちゃい。

全部LPにしようと思ったけど、聖子ちゃんだけシングル盤で。

だってジャケが可愛いんだもの(*´艸`*)

聴いてくださった方、情報をリツイートしてくださった方、チャットにご参加くださった方、ありがとうございました。

チャットが賑わうとさらに嬉しく、盛り上がりますです。

またよろしくお願いいたします。

録画はこちら→

視聴中CMが入るのがどうにもうざったいですが、システム上、大金を払わないと、自動的にCMが入ってしまうことになっています。ご容赦ください。

1.The Old SongsDavid Pomeranz

2.Betty Davis’ EyesKim Carnes

3.Ride Like The WindChristopher Cross

4.Do It Or DieAtlanta Rhythm Section

5.Wait For MeDaryl Hall & John Oats

6.Trying To Kill A Saturday NightKeane

7.I’m In The Mood For DancingNolans

8.It’s MagicMarlene

9.Young Blood(佐野元春)

10.ハートのイアリング(松田聖子)

11.レイクサイド・ストーリー(大瀧詠一)

12.ムーンライト(山下達郎)

13.一億の夜を越えて(オフコース)

14.黄色い魔法の靴(チューリップ)

15.哀しみのプリズナー(桑田佳祐)

16.涙のモデルはギザギザハート~いかにも私はモデルです~(嘉門達夫)

17.海(サザンオールスターズ)

18.トゥナイト(佐野元春)

19Hold Me NowThompson Twins

20Handle With CareTraveling Wilburys

21Who Can It Be Now?Men At Work

22Rock Me BabyThe Bawdies

23.アンジェリーナ(佐野元春)

24.青い魚(Grapevine

25.はいからはくち(はっぴいえんど)

26.空港待合室(佐野元春&THECOYOTE BAND

27.君がいなければ(佐野元春)


[PR]
# by caorena | 2017-01-14 09:48 | DJ | Comments(0)
後半です。

元春「老人をテーマにした曲が多いですよね」
源ちゃんはラブソングを書くとき、自分のこととか同い年の人のこととして歌うとコッパズカシイが、老人をテーマにすると自分と距離が出来るから恥ずかしくなく、するっと言葉が出てくるのだそうだ。
元春は「老人をテーマにすることによって、日常の中にはぐくまれてきた愛に言及することが出来る、それは物語にしやすい」。
源ちゃんが物語性のある詩を書く理由は、物語を紡いでいく中で、聴く人が登場人物に自分を投影したり感情移入したりしてその人の歌になってくれるからだと。
しかし、ここで源ちゃんは面白いことを言う。

「共感してほしくはないんですよ」

その人の歌になってくれるから物語性のある詩を書くといいながら、共感してほしくないとはどういうことか。
元春も「ちょっと待って」と確認。

源ちゃん「共感は、同じことを思っているとか経験しているとかいう人だけがすること。でも若い人が老夫婦の歌を聴いたとき、自分はまだ(老夫婦という生活を)経験していないわけだから、自分をその中に投影はするけれど共感はしていない。でもそこには、共感よりもっといいものがあるのではと思う。
人間はひとりひとりバラバラなものだから、それを共感というもので繋いでしまうともったいない。それぞれが個立して自分というものを持ったまま一緒にいるということはできないものかなぁと。」

つまり「わかるわぁ~」という安易な同調はいらない、っていうことなのかな。

元春は真剣に聞き入って「今星野さんはとても大事なことをおっしゃいましたね」と言った。
「たとえば震災後、多くのソングライターズたちが書いた曲があって、『希望』『絆』と言った言葉が街にあふれた。僕は多少違和感を覚えた。共感を求めるあまり、何か作者の自意識のようなものがオーバーに出されたのではないか。
歌というのは、共感をとりつけるものではなく、もう少し聴き手の想像力を信じて、鷹揚に構えてみようというものなのではないか、と、今星野さんの話を聞いてハッと気づきました。」

この件では、私も、震災後の幼稚な話し言葉の羅列だけの頑張れソングの横行と絆絆という風潮、歌に辟易していたので、元春の言うことには「そうそう!」と頷いてしまった。
それにしても、まだわからない。共感よりもっといいものって、何だ?

定型質問のあと、楽曲【ばらばら】
の歌詞の中の「あの世界とこの世界 重なりあったところに たったひとつのものがあるんだ」という部分にスポットを当てて、さらに探っていく。

源ちゃん「例えば赤い色と青い色があって、このふたつは決してひとつには成れないけど、重なった時にひとつの色ができる。それはどちらかが形を変えているのではなくて、ただ重なっているだけなんだ。これは人間関係にも言えて、『君と僕はひとつさ』なんていうのは嘘つき!でも『君と僕はふたつさ』と言われると『そうだな』と。それぞれが個立して自分というものを持っていて、ふたつのものが自然に重なった時に何かすごく大事なものが生まれるんじゃないかと。」

なるほど。
ふたつのものがひとつになってしまったのでは、想像にリミットが生じるように思う。できることも限られてしまう。
でも、ふたつのものは、あくまでもひとつとひとつ、そしてそれらが重なる時、想像が広がり、新たな何かを創造できる可能性が大きく広がるのではないか。
そういうことかな。




Part 1、ここでおわり。


結局「共感よりもっといいもの」って、何なんだろう。
「それぞれが個立して」「自分というものを持って」「ひとつになるのではなく、重なることで生まれるたったひとつの大事なもの」。

ずーっと考えていたんだけれど、私なりの「共感よりもっといいもの」は・・・ぼんやりと、「普遍」なのかなと。
自分は経験していないけど、何だか自分のことのように思ってしまう物語。
それが、おそらく「普遍的な歌」ということになのだろうと思う。

「普遍的な歌」は、感動的だ。
物語の登場人物とひとつになるのではなく、登場人物に自分を重ね合わせて、想像の中で誰にでもあてはまる内容になっていく。だからこそ、より心に響くのだと思う。


星野源ちゃん、これからもずっと、見守って(?)いきたいアーティストです。
今年は日村のバースデーソング歌いに来てくれるかなぁ。
[PR]
# by caorena | 2016-12-07 10:07 | 音楽 | Comments(0)




この日記、ずいぶん前に書きはじめたものだったが、途中で止まってしまって、放送から時間もたってしまったので、お蔵入りかな~と思っていた。
そしたら、友達の一人が、待っているからアップして、と言ってくれた。

折しも、源ちゃん急病療養から復帰。
ということで、加筆して完成させましたので、ここに(2回に分けて)発表させていただきます(笑)




星野源ちゃんは、うっすらとSAKEROCKとして知ってはいた。
はっきり認識したのは、バナナマンのラジオ番組に登場してから。

ま~あ、ユニークな歌詞と、柔らかで心地よいけれど一癖あるサウンドと声に魅了され、そりゃーCDショップ大賞準大賞になるわなぁという。

その源ちゃんが、夏のビーチボーイズライブの前座に登場したとビックリしていたら、次にはなんと元春のソングライターズに!

元春は、いつもとはちょっと違い、心底感心するような感じと、息子を見るような柔らかい笑顔が印象的。
確かに、今までのソングライターズに登場した人たちとは違うタイプだよね。
基本、パンクな人だし。ブラックなのも好きだしね。

リーディングは、この曲かなと思ってたら、ドンピシャで当たっちゃった。
【くだらないの中に】
歌詞→


元春の歌詞にはぜったいに出てこない「臭いな」とか「首筋の匂いがパンのよう」なんてフレーズを、元春がどう読むのかとてもとても興味津津でしたが、そうねー、80%くらいはモノにしてた感じかな。
きっと元春も苦労したでしょうww
「流行に呑まれ人は進む/周りに呑まれ街はゆく/僕は時代のものじゃなく/あなたのものになりたいんだ」という部分でようやくいつもの顔つきになった気がした。


元春曰く、源ちゃんの「一番の魅力は、語り部的なストーリーテリング」。

楽曲【ストーブ】
の解説中、じーんときている風の元春。
これ、愛する人が火葬場で焼かれる時の歌なんだけど、歌詞だけ読んだら、たまらなく泣けてくる。でも、アップテンポの陽気な曲なので、すごく前を向いて聴ける。
元春「ただの“I love you”“You love me”ではなく、一つの映画にもなりうるストーリー。最後の一節が感動的。ピュアな愛の歌ですね」

源ちゃんの批評として「日常を唄う」という表現をよく耳(目)にする。
一見非日常に思える「火葬場」の風景を「日常」の一ページとして唄ったようなこの曲を聴くにつけ、「死」は特別なことではなく、誰にでも起こりうる日常の一部、というわたし自身の思いを裏づけしてもらったような気持ちになる。そしてそれは、元春のフィロソフィにも通じるようで、さらに興味深い。

また元春は「日本のポップソングは一人称の視点が多いが、星野さんのは大さんは(三人称)からの視点が多い」と指摘する。

元春が「このようにストーリーテリングのような楽曲を作るとき、何を思い浮かべて書くんですか、登場人物?ストーリー?」と尋ねると、源ちゃんは「歌にならなそうな言葉を入れたい」、そして「その言葉が浮かないで曲に溶け込んでいくようにしたい」と。それらの言葉から、イメージを広げていって、つくりあげるのだという。

番組でも取り上げられた【喧嘩】

は、『入れ歯』のことを歌いたかったと。
たしかに、見事に『入れ歯』が違和感なく、しかし確固たる存在感を持って曲の中にある。
長年連れ添った夫婦の愛の歌。プッと吹き出してしまうけれどもジンとくる、元春曰く「上質なコメディのスクリプトのよう」。

同じように、【茶碗】
では「禿げ」を入れたかったと。
源ちゃんが「禿げ」と言った時、「えっ!?」と、素で訊き返す元春が可笑しい。
「禿げを、コミックソングではなく、いかに真面目に歌うか。ちゃんと理由がある様にするかをやりたかった。」



後半は、源ちゃんの詩づくりの核心に迫ります。
[PR]
# by caorena | 2016-12-07 10:04 | 音楽 | Comments(0)