ブログトップ

暖炉に火をくべて

caorena.exblog.jp

音楽、家族のことなどを、時々。

佐野元春&THE COYOTE BAND[Zooey] 『君と往く道』

この曲でもイントロからまた「ニヤリ」
Groovin’ … on a Sunday afternoon♪とおもわずコーラスをつけるように一緒に歌ってしまった。
そして、カセット音源しかなかったので、レコードを買ってしまった(笑)
ライナーノーツを見れば、やはりそうだった。うれしいんだなぁ、こういうの。

前出『愛のためにできたこと』のライナーノーツに出てくるスモーキー・ロビンソンは、『Groovin’』にインスパイアされて名曲『Cruisin’』を書いたらしい。(駄)洒落ている。

出だしの「散歩しよう」は、とてもインパクトがある。元春から「散歩しよう」「もう少しだけ一緒にいようよ」なんて言われたら、そりゃもう、「はい」って返事するに決まってる♪

ほんとにウキウキしてくるような、微笑ましい曲。
恋心を打ち明けて、受け入れてもらえて、愛してもらえて・・・ウキウキ、ハネムーン状態のふたり。でもちょっとだけブルージー。そこが、いい。
元春は、川沿いを歩くのが好きだね(笑)

DVDのクリップがまたホントに楽しい。前段で小松君が「おちゃらけた感じでいいですかね」と言っている通り。
特筆すべきはシュンちゃんのノリ具合。キュンキュンきちゃいます。
しかし、約一名おちゃらけきれないメンバーが(笑)

これ、ライブで演る時には、オーディエンスは間違いなく、左右に揺れながら指を鳴らして、曲の最後には胸に手を当てて頭を垂れますよね♪

夏の夕暮れ、川沿いの散歩。
いい雰囲気だなぁ・・・歩いてゆく二人の背中を見送れば、鈴虫の鳴き声・・・
絵になる一曲です。
[PR]
by caorena | 2013-03-29 01:15 | 音楽 | Comments(0)