ブログトップ

暖炉に火をくべて

caorena.exblog.jp

音楽、家族のことなどを、時々。

ノザキの。

d0306695_0294097.jpg

何かの拍子に、記憶の扉がカチャッと開いて、次から次へと芋づる式に、今の今まで忘れていた事柄が流れ出てくる・・・
そんな経験、ありますでしょ?

今日、久しぶりに私もそれを体験。

きっかけは、買い物に行った酒屋で目にした缶詰。
つまみになりそうな缶詰をレジの前にかごに入れてどさっと置いているこの酒屋。
ふだんはやきとりとかサバの味噌煮とか、そんなのが多いんだけど、今日はなぜか、それらの缶詰の山の一番上に一個だけ、ちょこんと、コンビーフの缶詰が乗っていた。
いや、正しくは、コンミート。¥200.。
d0306695_0253815.jpg


別に安いわけじゃないんだけど、妙に買ってくれオーラが出ているように感じてしまって、つい手にとってレジに出してしまった。
頭の中には、このコンミートを使った今夜の夕食メニューと同時に、大人になってからはすっかり遠ざかっていたコンビーフ・コンミートのことがいろいろと浮かんできた。

子どもの頃はよく食卓に上っていた。
サンドイッチの具になっていたり、サラダや炒め物。
他のメーカーも同じようなコンビーフを出していたけど、うちはなぜかノザキのコンビーフにこだわっていた。
そういえば、親戚の家で飼っていた犬がコンビーフが好きという贅沢な犬で、しかもノザキ以外のコンビーフには見向きもしないという話に、賢いんだか何だかよくわからないけど「へぇ~」とあいまいな返事を返したことがあったっけ。

あ!
同じノザキの缶詰で、ソーセージのがあったな。
あれももうずいぶん長いこと食べてないなぁ。実家に一緒に住んでいた伯父が好きで、よく晩酌のつまみにしてた。横からご相伴にあずかって、おいしくて結局ほとんど私が食べちゃったり。
まだ売ってるのかなぁ。
調べてみたら、ありましたね。
これ。
d0306695_0263645.jpg


噛むと皮がプチっとはじけて、その感触も好きだった。
寒い時は煮こごりみたいになってる汁も美味しかった。

普段スーパーに買い物に行っても、缶詰って、ツナ缶かフルーツ缶くらいしか買わないので、棚をゆっくり眺めることってあまりなかった。
ソーセージ、探してみよう。

そして、夕食準備。
パッカンって開けるんじゃなくて、こうやって、くるくるって巻きとって開けるのがいいのよね~小さい時は失敗しちゃって上手く開けられなかったこともあったなぁ。
あー懐かしい。
d0306695_0273873.jpg


かなり昔のオレンジページに載っていたレシピ、簡単スパゲッティ特集にコンビーフを使ったものがあったよな~と見てみたら、あーまたぞろ思い出しました、作りましたよねーいろいろと。
これがもとで喧嘩したこともあったなぁ。
d0306695_0281536.jpg


できあがったのは、コンミートとキャベツのスパゲティ。今だと、「スパゲティ」じゃなくて「パスタ」ってなるんでしょうね(笑)
d0306695_028429.jpg


超簡単でシンプルなお味。
子どもたちにも好評でした。

今夜は、ちょっとばかし、ノスタルジックな気分に浸った、夕食でした。
[PR]
by caorena | 2013-06-22 00:34 | 食べ物 | Comments(0)