ブログトップ

暖炉に火をくべて

caorena.exblog.jp

音楽、家族のことなどを、時々。

息子、ついに「黄金色の天使」卒業、新たに「ZOOEY」をマイミュージック・イン・カーに指定!

なんのこっちゃ、ですよねw

d0306695_2163961.jpg


うちの息子、障害ゆえの特性なのか、これじゃなきゃってことが多い。
何があっても困らないように、できるだけ、これじゃなきゃ、ってことがないように日頃から気をつけているんだけれど、音楽だけはどうもそうはいかないみたいで。

まず、「おかあさんといっしょ」は、もうかれこれ20年、つまり赤ちゃんのころから、ハマり続けている。

2歳くらいの頃は、夕方の放送を観ていると便をしていることが多かったので、それをきっかけに、おかあさんといっしょを観ながらオマルに座って排便の練習をした。結果見事成功!

後に、ドラマコーナー(グーチョコランタン)にハマり、番組を録画したビデオや録音したカセットテープは、歌のコーナーや体操のコーナーは「早送り!」と意思表示、ドラマの部分だけを永遠にリピート、なんていうときもあった。
最近では、日々の番組ではなく、ライブを収録したものがお好みで、それ以外は受け付けない。

とりわけ、車に乗るときは、童謡やトラや帽子店でもOKな時もあったんだけれど、たいていはお気に入りのおかあさんといっしょのでないと、断固NO!の意思表示だったのだ。ずいぶんと長いこと。

d0306695_21221882.jpg


それが、佐野元春「COYOTE」発売当初、私が有無を言わせず「とりあえず聴いてみ。すんごい、いいから」と、アルバムをかけてみると・・・
案の定、一曲目から「NO!」の意思表示。
じゃあ、これは?
じゃあ、次のは?
と、しつこく頭出しをして次々聴かせる私。
そして、最後の一曲「黄金色の天使」にたどり着いたところで・・・
息子の反応が、変わった!
声を発することもなく、じっと聞き入っている様子。
「これでいいの?」と訊くと「ハイ」とYesの意思表示。

なんとなんと!
息子が約14年固持していた音楽の趣向を、元春の「黄金色の天使」が、一瞬で変えたのだ!

それまでも、たびたび元春ミュージックにトライしていたのだが、曲が始まると同時ににべもなく「NO!」「変えて!」の意思表示。
それが、「黄金色の天使」でこの反応。
これには本当に驚いた。
そして、この上ない歓びだった。

この後、息子は、家では相変わらずおかあさんといっしょの番組を録画したビデオ一本槍だが、車に乗った時には、おかあさんといっしょをかけても、「NO!」。黄金色の天使一本槍になったのだ。

それから、かれこれ7年。
息子が特別支援学校在学中、学童保育への車でのお迎えが毎日あった時に比べ、卒業後は車に乗る機会は月2~3回と極端に減ったが、乗った時に私がラジオをつけていたり、他の曲をかけていると、決まって「黄金色の天使」を要求。ずっと聴きつづけていたのだ。

ところが、その頑なな彼の世界を、またもや広げる出来事が起きた。
今年3月13日。
元春の最新アルバム「Zooey」発売!

私は、昼も夜もゾーイだゾーイ!のZooey一色。
車に乗って、当然のようにアルバムZooeyを流した。
一曲目「世界は慈悲を待っている」が始まると、息子が「違う!」の意思表示。
例によって私「まあ、ちょっと聴いてごらんよ」
すると・・・
何度か抵抗の声をあげていた息子が、そのうち黙って聴きはじめたのだ。
2曲目「La Vita~」、3曲目「虹を~」・・・
じっと、聴いている。

これは、もしかして・・・?
まだ半信半疑だった私は、次に車に乗った時にも、Zooeyをかけてみた。
すると息子、今度は何も言わずに聴き入っている。

うそ!
まぢ!?

それから何度か、車に乗るたびにZooeyをかけているが、すました表情の息子。
しかも今回は、一曲だけでなく、アルバムを通してかけても、違う!ということはない。
(ただし、私は相変わらず「詩人の恋」は聴くことができないでいるので、飛ばしてますw)
試しに、ラジオをかけたり、違う曲をかけたりしていると、やはり「違う!」と意思表示し、「Zooey?」と訊くと「ハイ」と。
どうやら、約9年に及ぶ「黄金色の天使」時代を卒業し、「Zooey」時代に突入した模様。

うむー。
母は嬉しい。嬉しいぞ。
アルバム丸ごと、OKとわ!!

ま、家では相変わらず、おかあさんといっしょライブ一本槍ですけどね。




自分から世界を広げるということがなかなか難しい長男だけれど、いろんな偶然や必然、ちょっとした機会から、少しずつ少しずつ、ゆっくりと色々なことを経験し、色々なことを吸収していっている。
日々の暮らしの中では、おぉ!と驚くような成長はないけれど、むしろ後退してしまったり、二次障害が出てしまったのかと落ち込むときもあるけれど、時々こういったヒットを飛ばしてくれることもあるので、そんな時にはさすが我が息子、と大げさなくらいにホクホクすることにしています。

さて。最新曲はクリアってことで、次は元春のどのアルバムを・・・
いや、山田稔明「新しい青の時代」を試してみるか・・・

新たな曲が承認されたら(笑)、またお知らせします。

d0306695_2172959.jpg

[PR]
by caorena | 2013-08-20 21:08 | 音楽 | Comments(0)