ブログトップ

暖炉に火をくべて

caorena.exblog.jp

音楽、家族のことなどを、時々。

佐野元春&THE COYOTE BAND 『詩人の恋』 もうひとつの解釈

長男の友人。
障害児通所施設の幼児部に通っていた時からなので、かれこれ20年来の友人だった。

長男より一つ年下。
かなり重度障害がある男の子で、成長とともに二次障害も出てきて、入院することも多くなっていた。
それでも最近は安定していて、通所も休むことは少なくなっていたのに。
突然の出来事だった。
21年間、彼は命を燃やし続けました。
ご冥福をお祈りします。

夕方、長男を連れてお通夜に向かう車中、例によって長男がZOOEYを聴きたい(詳しくはこちらhttp://caorena.exblog.jp/19499086/)とアピールするので、聴き始めた。
“世界は慈悲を待っている”“虹をつかむ人”、“La Vita e Bella”・・・
いつもなら、一緒に口ずさみながら、この先へもっと、と、未来に向かう躍動感に心が沸き立つのに、今夜はどうだろう。
辛くて辛くて仕方がない。

これらが、こんなにも「生」を希求する曲だったなんて。
それとは真反対の場所に、「生」を失った彼にお別れをしに行く自分には、酷だ。
こんな状況で、改めて、曲の持つ「力」に気づいた。

帰り道。
曲順は進んで、大好きだけど辛くてなかなか聴けない“詩人の恋”へ。
いつもは飛ばすのだけれど、今夜はなぜか聴く気になった。

以前レビューhttp://caorena.exblog.jp/18513531にも書いているが、私はこの曲はずっと、亡くなってしまった大切な人への想いを綴ったのだと思っていた。
つい一昨日、渋谷公会堂でのライブでもこの曲を聞いている。
その時も、以前と同じように、「死を受容し再び歩き出す」イメージだった。

ところが今夜、気持ちが動いて、じっくりと歌詞を追ったら、驚いたことに全く違って聞こえたのだ。

愛する人が亡くなってしまった、なんていうイメージは、微塵も湧いてこない。
それどころか、今愛しい人と二人で過ごしているこの時を慈しみ、二人の未来について力強く唄っているではないか!

自分でも驚いた。
こんな風に聴こえたことはなかった。
しかもたった今、長男の友人にお別れをしてきたばかりなのに、だ。
こんなにも希望に満ちた曲として心に響くなんて!

そういえば、川崎のライブでも渋公でも、この曲を演ったあとに元春が言っていた。

「そんなにしんみりする曲じゃぁないよ?」

そうだね。そのとおりだ。
でもね、やっぱり悲しいよ。さよならはね。

たかしくん、見守っていてね。
ポーラスタアのように。

d0306695_1102714.jpg

[PR]
by caorena | 2014-12-03 01:12 | 音楽 | Comments(2)
Commented by 仙台在住の一元春ファン at 2014-12-03 11:56 x
はじめまして。トゥイモトさんのTwitterからこのブログを拝見しました。私の長男(16)も先天性心臓疾患があり、生後二週間で手術をして以来、何度も手術を繰り返してきました。入退院を繰り返すなかで、長男も数多くのお友達を亡くしました。そんなこともあり、私も『詩人の恋』を聴くのが辛いと感じていた一人です。でも、このブログを拝見して、そうか、前向きな気持ちで聴いてみよう!と思えました。うれしい気持ちになり、コメントさせていただきました。
これからも、"頑張らない子育て"していこうと思っています。ありがとうございました。

(乱筆乱文お許しください)
Commented by caorena at 2014-12-03 23:39
仙台在住の一元春ファンさん、コメントありがとうございます!

自分でもこんなにも違う聴こえ方をするなんて、本当に驚いています。
きっとその時その時の心の持ちようや環境によるところが大きいのだとは思いますが。

私の文章が、仙台在住の一元春ファンさんにとって新しい何かをみつけるきっかけになったのなら、とても嬉しいです。

そして、最近「子育てって頑張るものじゃあないんじゃないか」と思ってもいたので、”頑張らない子育て”という言葉に共感しました。

のんびり行きましょう。