ブログトップ

暖炉に火をくべて

caorena.exblog.jp

音楽、家族のことなどを、時々。

Maniju A面①

聴くたびに新しい発見があって気持ちが溢れてくるので、キリがない()

とりあえず3曲。

全曲終わったら、ジャケット問題()と全体像?に触れてみたいと思っています。



01.白夜飛行 Midnight Sun

この曲しか無いでしょ、一曲目に持ってくるのは!

まだ他の曲を聞かないうちにそんなふうに思わせる。

Dance!と言われる前から踊ってました()

こんなにもワクワクが掻き立てられるなんて…

そして、ここから始まる、元春とCoyoteたち、そして私の、新しい物語。

今がその時、さあ、出かけよう!

それにしても元春は、どうして「徐々に」をいつもひらがなで書くのだ?

目にするたび、ちょっとムズムズと可笑しくなる。

全体に流れるピアノがすごく印象的。ソロは言わずもがな。


02.現実は見た目とは違う The Mirror of Truth

ワクワク出かけたと思ったら、重いじゃない!()

リリース直後、DJ野村雅夫が番組でオンエアするのに選んだのがこの曲!

雅夫さん曰く「歌詞がすごいよ」

確かに確かに。

そして、ビートもすごい。

お経のようなビートは、発せられる言葉の意味を深く広いものにする。

一番好きなVerseは、「名前がない/名前しかない」。


03.天空バイク Cosmic Bike

飛んでるよ!今回の元春は、トンデル!

もしかしたら私、このアルバムでこの曲が一番好きかも。

Love love love love love というところと、変拍子になるところのフレーズ、ギターがすごく好き。

前の【フラゲの朝】にも書いたように、この曲を聴いてまず頭に浮かんだのが、バイクに乗ってゆったりと街を流す、Sweet16の彼と彼女。

一曲目から最後まで、このアルバムの主人公として、駆け抜けてゆく。

元春、時々、ちょっとズレてる天真爛漫な彼女を描くの好きよね。

それにしても、白夜飛行の次に天空バイクを続ければ、気持ちよく走れるのに、そうはさせずに「現実」を挟んでくる当たり、ほんと元春らしい。


[PR]
by caorena | 2017-08-06 09:56 | 音楽 | Comments(0)