ブログトップ

暖炉に火をくべて

caorena.exblog.jp

音楽、家族のことなどを、時々。

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ということで、元春のビッグバンド&雪村いづみとのパフォーマンスが楽しいアルバム『トーキョー・シック』。

最初に元春が雪村いづみと共演!と聞いたときには、そのつながりがまったくわからなかった。元春の音楽的ルーツの中に、雪村いづみさんがいるようには思えなかったからだ。

その後二人の共演のきっかけが、雪村さんが元春のことが大好きでラヴレターを送ったことだと聞いても、それだけでここまでのプロジェクトになるのかと驚いた。
しかし、元春レディオショー等で雪村さんの音楽活動の歴史を知るに付け、元春がリスペクトするのは理解できたし、まだまだ現役で歌い続けているプロとしての姿勢には元春ならずとも感銘を受けるところだ。元春が何かしら相通じる物を感じたんだろうなと納得した。d0306695_116621.jpg
『トーキョー・シック』ブックレットの冒頭には、「このレコードを両親に捧げる」という元春の言葉が記されている。また、元春自身によるライナーノーツには、元春のご両親が若かりし頃、新橋のダンスホールでよく踊っていて、雪村いづみは当時そのダンスホールの専属歌手だったから、おそらく雪村いづみの歌に合わせてご両親は踊っていたのではないか、ということが書かれてある。

元春のご両親と雪村さんが同時代に音楽を共有していたことを考えると、それから長い時を経て実現した、おそらくそれまで元春とは全く違う音楽畑での活動をしてきた雪村さんと元春の共演は、ご両親から受け継がれた元春の音楽的ルーツが引き寄せたものなのではないか。
きっかけが雪村さんからのラヴレターだったとしても、偶然のつながりではなく、元春が生まれる前、ご両親がダンスホールに通っていた時にすでに約束されていたことなのではないかと思えてならないのだ。d0306695_192665.jpg
元春は、早くに家を出てしまったそうなので、ご両親とリアルタイムで音楽を共有したことはあまりないかもしれない。
でも、元春のお母様はジャズ喫茶を経営されていたそうだし、元春が生まれてまもない頃、お母様に抱かれてそのジャズ喫茶に行った時に出迎えてくれた音楽が、お母様が大ファンだったエルビス・プレスリーの曲だった、という逸話もある。元春が幼い頃にご両親が聴いていた音楽の影響は、きっと受けていると思う。

ブックレットの写真を見て、元春のご両親がダンスホールで踊っている様子を想像してみる。
ご両親の写真をブックレットに載せるというような、珍しくとても私的な色合いが濃くなっているのも、元春が雪村さんと一緒に音楽を演ることで、ご両親が若い頃楽しんでいた音楽を過去に遡って体現しているからなのかもしれない。

さて、我が家の音楽事情。
私の両親は、おかげさまでまだ健在。
私は、両親が聴いてきたミュージシャンとのコラボなんてもちろんできないが、両親が持っているLPやカセットテープを手にし、聴くことによって、両親が若かった頃の時代に思いを馳せることはできる。(元春の両親のように、私の両親も、レコードに合わせてダンスを踊っていたようだ。ダンスホールではなく、自宅でだったらしいが)

家では、祖母が同居していたこともあり、古賀メロディーや演歌もよく耳にしていた。
今でも結構歌える古賀メロディー(笑)
祖母が細い高い声で口ずさんでいた昭和一桁のころからの流行歌も耳に残っている。

母がよくかけていたレコードは、ドリス・デイやパティ・ペイジ、パット・ブーンやアンディ・ウイリアムス、プラターズなどの洋楽ヴォーカル系。カーペンターズもよく聴いていた。d0306695_110397.jpg邦楽は、加藤登紀子や、雪村さん属する三人娘のレコードなど。
ポール・モーリアやビリー・ヴォーン、リチャード・クレイダーマン、ニニ・ロッソなどのインストも。
(後に、その一部のレコードは、音楽には全く興味がないように見えた父親のものだったことを知る 

思い返せばこんなふうに、家にはいつでも音楽があった。
私の音楽好きは、両親や祖母から受け継いだものだと思う。
それを私の家庭でもそうしようとか、子どもにも引き継ごうとか、意識したことはない。おそらく母や祖母もそうだったろう。
でも、うちの子どもたちは揃ってやはり音楽が大好きだ。

うちの子どもたちは3人とも私のお腹にいるときから元春の音楽を聴いている。
レコード、CD、ラジオ。 生(ライブ)でも聴いている。
もちろん、私たち夫婦が好きなそのほかの音楽や、童謡・おかあさんといっしょ・トラや帽子店など幼い頃に自分たちの音楽として聴いてきたものもたくさん。

子どもたちは成長とともに、それぞれが自分の好きな音楽を見つけ、聴くようになった。
でも嬉しいことに、子どもたち、特に長女は、元春の音楽をとても好きでいてくれる。
次女もそれなりに(笑)元春を受け止めている。
長男に至っては、こちらをお読みくださいw  

私や旦那が若い頃に聴いていた音楽は、私たちにとっては「懐かしい」という感じがするけれど、子どもたちにとっては成長とともに常にそばにあった(ある)音楽ということになり、まして元春は、まだまだカッコよく精力的に活動中、リアルタイムに共有しているという感覚のようだ。 
そう考えると、それらの音楽を子どもたちが将来「パパやママが若い頃に聴いていた音楽」という意識で振り返ることはあまりないかもしれない。
でもおそらく、「パパやママから教えてもらった音楽」として子どもたちの中に息づいていくのは間違いないと思う。

元春が、U-18全額キャッシュバックをしたあのライブの時に言っていた言葉を思い出した。
あの時は、バンドの遍歴を指して言ったのだと思うけれど、今はこの言葉を、音楽になぞらえさせてください。

「すべての物事は受け継がれていくんだ」

とてもとても私的なことから始まったこのプロジェクト。
パッケージとして私たちに共有させてくれたことで、私も自分の音楽的ルーツを振り返り、受け継がれていく、ということを考える機会をもてたよ。

どうもありがとう、元春!
d0306695_1102364.jpg

[PR]
by caorena | 2014-02-25 08:00 | 音楽 | Comments(0)
というわけで、子どもたちからの誕生日プレゼントとして『トーキョーシック / 佐野元春&雪村いづみ』が手元に届いた。

アルバムタイトル曲の【トーキョーシック】は、最初、ダウンロードで購入した。
正直、最初はピンとこなかった。
ビルボードライブで元春がHKBとともにソロで歌った時にはとても良いと思ったのに、雪村さんとのデュエットは、すんなりと受け入れることができなかった。
期待しすぎていたのか?
いづみさんの声への違和感・・・?

でもそのうち、聴きかえすごとに、二人の歌声がしっくり私の中に馴染んでくるようになった。
そしてだんだん、バンドの音とも馴染んで、いつの間にか「好き」と思うようになっていた。
不思議だなぁ・・・

ビッグバンドの音をこれほど素晴らしいと思ったことはかつてない。
CDを聴いただけでも、そのウキウキするような雰囲気が伝わってくる。
DVDを観ればなおさらだ。

モノラルバージョンも収められているが、こちらのほうが耳にしっくり落ち着いて聴こえる。自分も同じ部屋の中で聴いているかのような。
ステレオバージョンの方は、まさにライブといった感じ。

あ、当り前の聴こえ方?w

欲を言えばね、ユニゾンではなく、一部分でもいいから、ハーモニーで歌って欲しかったなぁ。


CDにはあと3曲。


【もう憎しみはない / 佐野元春&雪村いづみ】
初めてラジオでオンエアされたのを聴いたときには、イントロを聴いた瞬間から涙が止まらなかった。
深い深い、バンドの音。
透き通るいづみさんの声に、優しく寄り添い包み込む元春の声。
お互いを思う気持ちに触れ、心が震える。

歌詞のことに少しだけ触れると、
「もう憎しみはない」
「もう憎しみはない」
「もう憎しみはないから」

この「から」ほど、説得力のある「から」を私は知らない・・・


【こんな素敵な日には】
年末に手にした“ノーダメージ・デラックスエディション”と聴き比べてみる。
もともと「キーボードを主体としたラウンジ風のリラックスしたムードの曲調」(ノーダメージ・デラックスエディション・ブックレットより)だったこの曲だが、ビッグバンドジャズバージョンは、No Damageバージョンに比べてややアップテンポ。キーは低くなってる。
元春のボーカルも、良い加減に枯れてはいるものの、アンニュイなNo Damageバージョンよりウキウキ、ノリノリ、ハッピーな感じ。
若い頃のバージョンほうがしっとり感があるって、どないやねん(笑)
間奏のサックスソロが軽やかでステキ。
奏者がイケメンだからさらに良いです(笑)


【Bye Bye Handy Love】
これはもう言うことなし!100点!(笑)
この曲もノーダメージ・デラックスエディションに収められている。
力強いロック調だった曲が、見事にジャズバージョンに。元春の歌声も軽やかにスイングしている。
このアレンジがもとからあったかのようだ。
ほんとにハッピー♪


DVDには雪村いづみさんとのレコーディング風景や、ビルボードライブでの雪村さんとの共演の様子が収録されている。
どの場面でも、雪村さんが元春に視線を送るも、元春はその視線をなかなか受け止めず、たま~に恥ずかしそうに見返すだけ、というのがとてもカワユイw

あのときのビルボード、雪村さんとのステージは観られなかったのだが、私が行った日に雪村さんは客席にいらしていた。そしてラッキーなことに、ライブ終了後出口近くで直接お話をすることができた。
「母が雪村さんが好きで、よくうちでレコードかけてました」
「まぁ!そうなの?お母様おいくつ?」
「昭和8年生まれ・・・78歳です」
「私の3つ上ね・・・そう、嬉しいわ。お母様によろしく」
「ありがとうございます。元春とのラジオ、とても楽しく聴きました。新曲も楽しみにしています」
「どうもありがとう」
最初に握手した手をずっと握ってくださったまま、こんな会話をかわした。
ほんの1分足らずの会話だったが、まっすぐに私の目を見てお話くださった雪村さんのチャーミングなこと。
ライブ映像を観ていて、あの時の雪村さんの手のぬくもりが蘇ってきたようで、思わず自分の手を見つめてしまった。

今年また、ビルボードでのライブが決まっている元春。
いづみさんとの共演はまたあるのだろうか。
あの空間で、特別な時間を、また楽しむことができるだろうか。

・・・電話つながりますように。

次は、トーキョーシックを手にして思ったことを書くよ。
言ってみれば完結編になるので、よろしければ読んでみてね。

d0306695_028792.jpg

d0306695_0283238.jpg
d0306695_0285376.jpg

[PR]
by caorena | 2014-02-19 00:29 | 音楽 | Comments(4)
この上なくゴキゲンなアルバム、『トーキョーシック』。
このアルバムは、最初は1月22日に発売予定だった。
これが実は、私の誕生日の一日前。
自分への誕生日プレゼントに購入しようかとも考えたが、その前にノーダメージ・デラックスエディションと東京国際フォーラムDVDのリリースもあり、短期間にこれだけの出費はいかがなものか、と悩んだ。
そして、とりあえずトーキョーシックは見送ることにしたのだ。

そのうち、発売延期のニュースが。
そっかー、どうしよう、予約入れちゃおうかなぁ。
でも、コヨーテライブもありそうだしなぁ・・・(いまだそのインフォメーションは無いけどねw)

考えたまま日が経ち、誕生日当日。
娘たちから「プレゼント」と、何かの目録を渡された。
そこには、「トーキョーシック」の文字が。

去年娘たちと元春のことを話しているとき、3連チャンでリリースがあるけどトーキョーシックは見送ることをちょこっと話した。
どうやらそれを気に留めてくれたらしい長女が、次女と相談し、共同でプレゼントすることを画策したのだそうだ。

嬉しい嬉しいサプライズ。
よかった、ダブって予約しなくて(笑)

発売日、仕事で帰宅は0時すぎ。
娘たちはすでに寝ていて、リビングのテーブルには見慣れたダンボールの包みが。
よく見るとなにか書いてある。

d0306695_7593440.jpg

おぉ!
いつもはビリビリ破いて中身を出すけど、こりゃあ破くわけにはいかないね~
丁寧にはがすようにして封を開け、中身を取り出した。


裏には子どもたち3人からのメッセージ。
d0306695_8312352.jpg



昨年はこんなプレゼントだった・・・パッケージに直書きが流行ってんのか?w
d0306695_8113216.jpg

d0306695_812151.jpg
d0306695_828463.jpg
d0306695_8283615.jpg



とにもかくにも、ありがとー!

次は、アルバム『トーキョーシック』について書くよ~
[PR]
by caorena | 2014-02-18 08:43 | 子ども | Comments(0)
先週に続き今週末も雪雪雪。

大変なこともあるけど、楽しいなっと思うことも多い。
特に、ん十年ぶりなんていう雪だから、帰り道が楽しいのなんの。

一人でわははわはは笑いながら、子どものようにわざと誰も踏んでいないところを歩いてみたり。
そこが思いのほか雪が深くて、「おぉう!」と思わず声を上げて驚き感激してみたり。
面白い風景があると立ち止まってシャッターを切ったり。

たまの「非日常」は、かくも楽しき。

埋まるガードレール
d0306695_2335130.jpg


有料駐輪場
d0306695_2336146.jpg


別の有料駐輪場
d0306695_2337474.jpg

d0306695_23372540.jpg


バーのマスターのバイクが店の前に。だいじょぶか?
d0306695_23392764.jpg


スキーのジャンプ台じゃないよ
d0306695_23375951.jpg


d0306695_2340447.jpg

d0306695_23403229.jpg


d0306695_2341559.jpg


触覚
d0306695_23413123.jpg

[PR]
by caorena | 2014-02-14 23:45 | Comments(0)
2014.2.8

1.ナイアガラCMスペシャル / 大瀧詠一
2.Endress Nights / オフコース
3.君に会うまでは / 浜田省吾
4.街の灯り / 堺正章
5.Heart Of Gold / Neil Young
6.Learning How To Love You / George Harrison
7.So Goes The Song (Love Planets) / John Simon
8.You Can Do Magic / America
9.Everything I Own / Bread
10.いつか何処かで / 桑田佳祐
11.雪~あぁ世界は美しい / 佐野元春
12.きみを待っている / 佐野元春


思い立って、ちょこっとだけ回しました。
気持ちが落ち着く、優しい曲をと。
準備なしだったので、おもいつくまま、つなぎ重視で選曲しました。
[PR]
by caorena | 2014-02-12 02:14 | DJ | Comments(0)